ヤミ金被害は弁護士に相談


ヤミ金被害にあった当事者が自力で解決することは、残念ながらかなり可能性が低いことであると言えるでしょう。精神的に追い詰められた状態で、家族や親族と一緒に団結して闘おうと思っても、元凶は本人の借金であるという負い目があるため毅然とした態度を貫くことがなかなかできません。警察に相談しても証拠がないと動けないこと、具体的な迷惑行為を抑止できても根本的な解決に至らないことが多いことなどから、弁護士に相談するのが一番です。弁護士が介入すると本来違法である取り立て行為をやめさせることができます。刑事告発や口座凍結などの措置が取られることもあるため、ヤミ金も何とかことを穏便に収めようとするのです。

ヤミ金は借りた金は返して当然と正論じみたことを言ってきますが、法外で違法な利息は一切支払う必要がないのです。弁護士に相談すると、まず、ヤミ金への返済を一切しないようにアドバイスを受けます。一円でもまだお金が取れる金づるとみなされると、なかなか取り立てがやむことはありません。これまでに、判例により、違法な金利で貸し付けを行ったヤミ金には、元金、利息を問わず、一切返済する義務を負わないことが明らかにされています。弁護士は、ヤミ金への対抗策として口座凍結など、さまざまな手段を駆使して被害者救済にあたってくれます。ヤミ金の甘い誘惑に乗らないのが一番ですが、万が一、被害に遭ってしまった場合は、早めに弁護士に相談するといいでしょう。

関連リンク|借金の無料相談《弁護士法人アディーレ》